MENU
テラソ
副業ブロガー | 30代 | IT企業勤務
会社員の傍ら情報発信しています!ITリテラシーを高めてQOLアップを目指したい!どんどん発信していきます〜
Twitter(@terasoblog)やってます

【最新】TVerの広告をブロックする方法!公式アプリ対応版

今ではほとんどの地上波TVerで配信され、スマホで番組視聴する方も多いですね。

でもTVerってテレビ以上にCMが入るので、もっとドラマやバラエティに集中したいって方も多いはず。

TVerユーザ

TVerって便利だけどCMが多いんだよなぁ

TVerユーザ

テレビ録画みたいにCMスキップしたいなぁ

プロ

とても簡単にCMカットで再生する方法があります!
やり方を詳しく解説します!

この記事で分かること
  • 無料でTVerの広告ブロック(CMカット)する方法
  • iPhone/Androidの公式アプリ対応!
  • ブラウザ(Chrome/Safari)対応!NEW
  • 広告ブロックの仕組みを解説

YouTubeプレミアムを格安で契約する方法」はこちらの記事で紹介しています。
YouTubeを広告なしで利用するなら必ずチェック!

目次

結論(DNSブロックで解決!)

無料アプリ「AdGuard」の「DNSブロック」機能を利用します!

この機能を利用することで、ブラウザを変えたり有料アプリをインストールすることなく広告ブロックしCMをカットすることが可能です!

しかもTVer公式アプリにも対応できます!

DNSブロックって何?って方に向けてこの記事では仕組みまで解説しています!


まず実際のTVerアプリの再生画面を見てみましょう。

表示「47分」の番組ですが実際にはCMが挟まり約1時間の再生時間になりますね…

TVer再生画面
TVer再生画面(アプリ)
TVer再生画面
TVer再生画面(ブラウザ)

広告ブロックによって途中のCMが全てカットされ、表示通り「47分」の再生になります!

やり方を丁寧に解説するので手順に沿ってお試しください!

\各パートにジャンプします/
iPhone/iPadの設定方法
Androidの設定方法
ブラウザ(Chrome)の設定方法
ブラウザ(Safari)の設定方法

auスマートパスプレミアム


\コスパ抜群!/
auスマートパスプレミアムなら
menuの配達料が何度でも無料!


映画やドラマ、書籍配信も付いてくる!

iPhone/iPadの広告ブロック

まずiPhone/iPadのTVer公式アプリで広告ブロックする設定を解説します。

たった3ステップ!アプリを使って数分で設定できます!

iPhone/iPadの設定方法

STEP
AdGuard(無料)をインストール

DNSブロック機能を利用するために、無料アプリ「AdGuard」をインストールします。

AdGuard

AdGuard

無料posted withアプリーチ

STEP
AdGuardアプリの設定

AdGuardアプリを開き設定を進めます。

プレミアム」の表示がありますが無料版でも利用可能です。

スクロールできます
AdGuard設定画面
①トップ
AdGuard設定画面
②「DNS通信を保護」ON
AdGuard設定画面
③確認「OK」

DNS通信を保護」がOFFに戻ってしまっても問題ありません。
STEP3に進んでください。

STEP
iPhone/iPadのDNS設定

iPhone/ iPadの設定アプリを開きDNSにAdguardを設定します。

スクロールできます
iPhone設定画面
①一般
iPhone設定画面
②VPNとデバイス管理
iPhone設定画面
③DNS
iPhone設定画面
④AdGuard
STEP
完了!

設定はこれだけ!

iPhone/iPadでTVerアプリを開いて番組を再生してみましょう!

CMカットで再生が始まります。


YouTubeでも広告ブロックする方法」も紹介していますのでぜひご覧ください


\自宅用でもコスパ抜群!/
楽天モバイルをWi-Fiとして使う!

3GBまでなら980円
使い放題でも2,980円
<海外でもそのまま使える>

Androidの広告ブロック

続いてAndroidのTVer公式アプリで広告ブロックする設定を解説します。

AndroidはAdguardアプリが利用できないため設定画面から手動設定します。

手動設定でも数分で完了します!

Androidの設定方法

STEP
Androidの設定アプリを開く

Androidの設定アプリを開きます。

[ネットワークとインターネット]→[プライベートDNS]に移動して以下のホスト名を指定して保存します。

DNSサーバに設定するアドレス
dns.adguard-dns.com

スクロールできます
Android設定画面
①ネットワークとインターネット
Android設定画面
②プライベートDNS
Android設定画面
③DNSサーバを設定
STEP
完了!

設定はこれだけ!

AndroidでTVerアプリを開いて番組を再生してみましょう!

CMカットで再生が始まります。


ブラウザ(Chrome)の広告ブロック

続いてGoogle ChromeでTVerを利用する際の広告ブロックです。

GoogleChromeの拡張機能「AdGuard広告ブロッカー(無料)」を利用した方法を紹介します。

ブラウザ(Chrome)の設定方法

STEP
AdGuard広告ブロッカー(無料)をインストール

Chromeウェブストアから「Chromeに追加」をクリックして拡張機能をインストールします。

AdGuard広告ブロッカー
GoogleChromeでアクセスしてください

Chrome設定画面
他のソフトのインストールは不要です

拡張機能インストール完了後に別のソフトのインストールが提案されることがあります。
追加インストールは不要ですので「拡張機能で続ける」で進みます。

Chrome設定画面
STEP
設定する

インストールが完了すると設定画面が開きます。

すべてデフォルト(OFF)のまま「拡張機能の設定」をクリックします。

Chrome設定画面
STEP
完了!

設定画面が表示されたら完了です!

Chrome設定画面

GoogleChromeからTVerにアクセスして番組を再生してみましょう。

CMなしで視聴可能です。


ブラウザ(Safari)の広告ブロック

続いてはSafariでTVerを利用する際の広告ブロックです。

Macユーザ向けにSafariの拡張機能「AdGuard for Safari(無料)」を利用した広告ブロックを紹介します。

ブラウザ(Safari)の設定方法

STEP
AdGuard for Safari(無料)をインストール

MacAppStoreからSafariの拡張をインストールします。

インストールが完了したら「開く」で起動しましょう。

AdGuard for Safari
MacAppStoreが開きます

AdGuard for Safariのインストール
STEP
設定する

設定画面でこちらの項目をONにします。

  • ログイン時にAdGuard for Safariを起動する
  • AdGuard for Safariをメニューバーに表示する
AdGuard for Safariの設定
STEP
広告ブロックを有効にする

メニューバーからこちらの項目をONにします。

  • Safari広告ブロックはオン
広告ブロックを有効化

普段はオフ、TVerで番組再生する時だけオンの使い方がおすすめです!

STEP
完了!

設定は以上で完了です。

SafariからTVerにアクセスして番組を再生してみましょう。

CMなしで視聴可能です。


Safariで広告ブロックが効いてなかったら

Safariの設定を確認してみましょう

[Safari] > [設定] > [拡張機能] から「AdGuard 一般」がONになっているか確認します。

「AdGuard 一般」以外はOFFでも広告ブロック機能は正常に働きます。

Safariの設定確認

YouTubeでも広告ブロックする方法」も紹介していますのでぜひご覧ください

広告ブロックの仕組みを解説

ここからは気になる方のみご覧ください!

なぜDNSブロックを利用するとCMをスキップできるのでしょうか?

その仕組みを簡単に解説します。

iPhone/iPadの広告ブロックは2種類ある

iPhone/iPadには標準で2つの広告ブロック機能が搭載されています。

  • コンテンツブロッカー
  • DNSブロック
広告ブロック比較

コンテンツブロッカーはSafariの拡張機能であり、Safariのみ広告ブロックが可能です。

一方でDNSブロックはiPhone/iPadの全アプリで広告ブロックが働きます。

無料アプリは画面上にバナー広告が表示されることが多いですが、アプリに関わらずすべて非表示にします。

例えばこんなアプリでも広告ブロック!

無料アプリ「Yahoo!乗換案内」でもDNSブロックをONにすることで全ての広告が非表示になります。

Yahoo!乗換案内
Yahoo!乗換案内
Yahoo!乗換案内
Yahoo!乗換案内
TVerユーザ

つまりDNSブロックの方が超強力!超広範囲!ってことですね

Androidは手動設定すればOK!

iPhone/iPadにはOS標準で広告ブロック機能が用意されていました。

Androidでは同様の機能がないためDNSサーバを手動で設定することで、同じような機能を利用することが可能です。

DNSブロックの仕組み

ではDNSブロックの仕組みを見てみましょう。

まずDNSとは、Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム)の略でドメイン名IPアドレスの対応付けを行う機能です。

簡単に言うとあるサイトにアクセスする際、インターネット上の住所にあたる「IPアドレス」の問い合わせを行うためのサーバです。

問い合わせを行うDNSサーバは自由に設定することができ、ここではAdGuardのDNSサーバに問い合わせを行うようにしています。

つまりTVerでは・・・

CMに対するIPアドレスを教えないことでCMを再生できないようにしてるのです!

結果としてCMをスキップして本来の番組のみ再生されるという仕組みです!

TVerの広告ブロックの仕組み

注意点

DNSブロックを利用することで、iPhone/iPadの広告を全て非表示にするようになります。

例えばモッピーのようなポイントサイトなどで広告が表示されない場合がありますので、その場合はDNS設定を一時的に変更することで対応可能です。

DNS設定を「自動」にすることで、広告ブロック機能をオフにすることができます。
iPhone/iPadのDNS設定に戻る
AndroidのDNS設定に戻る

iPhoneDNS設定
iPhoneの場合
Androidの場合

TVerを利用する時だけ「AdGuard」、それ以外は「自動」でも良いですね!

auスマートパスプレミアム


\コスパ抜群!/
auスマートパスプレミアムなら
menuの配達料が何度でも無料!


映画やドラマ、書籍配信も付いてくる!

最後に

いかがでしたでしょうか!

  • 無料でTVerの広告ブロック(CMカット)する方法
  • iPhone/Androidの公式アプリ対応!
  • ブラウザ(Chrome/Safari)対応!
  • 広告ブロックの仕組みを解説

こんな簡単な設定だけでCMをカットしてTVerを快適に利用できるようになりました。

こちらの記事では「TVerを無料で録画(ダウンロード)する方法」を掲載していますのでぜひご覧ください

質問、疑問はTwitter(@terasoblog)でも受け付けています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次